田舎暮らし、スローライフを実現したい人々に役立つ知識情報をご紹介田舎暮らし古民家について
スポンサードリンク

古民家について

古民家は、人間の健康や自然環境に負担をかけない伝統構法でつくられた優れたエコロジー建築です。 シックハウスやアトピーなどの原因となる新建材や合板などの有害物質を含んだ材料は使用していません。 今流行の『古民家再生』原状の古民家を生かしたまま、古き良き時代を感じさせる新しい民家を創ることができます。また、国の文化財登録制度では、 築50年を経過したものが対象とさ れていて、このことから半世紀以上前の民家は、 「古民家」と呼べる時間的条件を備えているといえるでしょう。

古民家の特徴

古民家の最大の特徴は、何といっても「茅葺き屋根」と「土間」と「太い柱と梁」だといえるでしょう。 雑草や苔の生えた歴史を感じさせる茅葺き屋根、かまどのある広い土間、黒光りした風格を感じさせる柱や梁などは、どれも古民家の大きな特徴です。 また、材料もケヤキやクリなどいろいろありますが、現代建築で使えば目が飛び出すような金額になる材料が多く使われているのも特徴です。 また、一見するとどれも同じような建物に見えますが、よく見ると屋根の形や間取りなどの造りが地域によって異なることがわかります。それは、その地域の生活様式や産業、気候の違いなどの地域性を反映しているからです。 その土地で生活していた人々がどのような生活を営んできたのか、建物の姿形やそれを構成する一つ一つの細かな部分がそれを物語っています。 そんな古民家で暮らす場合は、考えておかねばならないこともあります。もともと古民家は、農作業をするのに都合がいい造りになっており、住まいの快適性を追求した建物ではないのです・・・ 壁の間仕切りがほとんどなかったり、 トイレが屋外に設けられている場合もあります。 また、隙間が多いのも欠点で、冬の寒さは体験した者にしかわからないものなのです。 その他、古民家物件の取得は集落へ入っていくことを意味するので、人付き合いの苦手な人や週末利用の人にも向かないで しょう。 このように、古民家とは憧れだけで簡単に住める建物ではないのです。

古民家再生

現状の古民家を生かしたまま、古き良き時代を感じさせる新しい民家を創ることができます。これを『古民家再生』と言います。 この『古民家再生』は、近年非常にさかんになってきています・・・ 古民家に使われてる古材は、200~300年経っていても大抵のものは再生が可能といわれています。 長い年月の間に傷んだところを一本一本丁寧に補正し、本来の性能を引き出してやることで、再びいのちを吹き返すのです。 「再生」というと、建てた当時の状態を取り戻すことだと思われがちですが、実はそうではありません・・・ ここでいう『再生』とは、建材や枠組みを残してそれを生かしたまま、現代のライフスタイルにあった民家にリフォームするということです。日本民家が持つ歳月と囲炉裏でいぶしぬかれた古色の柱や梁組の持つデザインは本当に美しいものです。また、自然素材をふんだんに使った空間には、独特な美しさや趣があり、日々の生活にかけがえのない健康や安らぎを与えてくれます。 そうした古き良き時代の要素をしっかりと引き継いで、新しい生活環境を提案していく、それが『古民家再生』です。 古民家再生は、上記のような『改築』から、建材を生かし別の場所に違う形で生まれ変わらせる『移築』まで幅広い形で行われています。 風土に適した形で、何百年も生きつづけてきた古民家。 そのつくりは非常に合理的で、自然と共に生きることを象徴した 機能を持っています。環境共生住宅 の代表と言えるかもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連リンク

田舎に移住、田舎暮しや田舎の別荘探しは 【田舎暮しサイト比較】

ペンション経営・民宿経営WEB

↑ PAGE TOP