田舎暮らし、スローライフを実現したい人々に役立つ知識情報をご紹介田舎での物件の探し方
スポンサードリンク

田舎の物件の探し方、貴方は新築物件?中古物件?賃貸物件?

田舎暮らしを始めるにも、住むところがなければ始まりません。そこで問題になってくるのが、家の問題。 田舎に新築で家を建てるのか?中古の物件を買うのか? それぞれ長所も短所もありますので、自分にあった田舎の物件を探してみましょう。

新築田舎物件

新築物件だと、自分の思い通りの家を持てるというのが最大の利点でしょう。 これは田舎暮らしに限ったことではありませんが。 老後のことが心配だからバリアフリーの家、趣味を楽しむためのスペースを確保した家など、自分の思い描いた田舎暮らしを堪能できる田舎の家をもつ、これは田舎暮らしを始める醍醐味のひとつかもしれません。 新築する場合に気になるのが、やはり資金。 中古や賃貸に比べるとはるかに出費が増えてしまいます。ですが、よく考えてみてください。田舎暮らしを始めようとしているということは、田舎に家を建てるということです。きっと今住んでいるところと比べるとはるかに安い資金で田舎物件を手に入れられるはずです。 様々な住宅メーカー・工務店・設計事務所から情報を集めるといいでしょう。 田舎暮らし・田舎物件に強い地元のメーカーもあるかもしれません。新築の田舎物件を手に入れるなら、ここで手を抜くと後悔することになるかもしれません。しっかりと時間をとって調べましょう。

中古田舎物件

新築を建てるほどの資金がどうしてもない、田舎暮らしの生活を楽しむために初期費用を抑えたいという方は、中古物件がおすすめです。 中古物件を探すには、地元の不動産が一番安心できます。ですが、そうそう何度も田舎暮らしの候補地に足を運べるわけではありません。そういう時は、インターネットで調べるといいでしょう。田舎物件を専門に扱っているホームページもありますので、「候補地名+不動産」「田舎暮らし+候補地名」などで検索してみてください。 中古物件は確かに自分の思い通りの家を持つことは難しいかもしれません。ですが、リフォームすることも可能です。また中古の田舎物件を自分の手で改修していくというのも楽しみの一つかもしれません。時には「これぞ田舎暮らし!」という風情の物件もありますので、探す楽しみがあります。

賃貸田舎物件

とりあえず田舎暮らしを始めたいというかたには、賃貸物件がいいかもしれません。初期費用も少なくてすみますし、その土地が肌に合わなかったとして別も、別の田舎を探すことも可能です。 賃貸物件は、インターネットで簡単に検索できます。中古物件よりはるかに情報は多いです。初期費用が少なくてすみますので、その後のゆとりをもって田舎暮らしを堪能できるでしょう。その土地が気に入れば改めて、新築・中古の田舎物件を探すというのもいいかもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連リンク

田舎に移住、田舎暮しや田舎の別荘探しは 【田舎暮しサイト比較】

ペンション経営・民宿経営WEB

↑ PAGE TOP