田舎暮らし、スローライフを実現したい人々に役立つ知識情報をご紹介田舎暮らしを始める上での心得
スポンサードリンク

田舎暮らしの心得。5か条

田舎暮らしの心得

田舎暮らしの心得①【収支計画は事前によく検討しましょう

都会暮らしに比べて、田舎での生活はお金もかからないかもしれませんが、働き口も多くはありません。生活費がなければ、せっかくの田舎暮らしも断念しなくてはならなくなります。 田舎で楽しく安心して生活するためにも、収入と支出はきちんと見積もり、必要があれば事前に仕事など収入を確保するなど、収支計画を検討することをおすすめします。

田舎暮らしの心得②【近所づきあいは面倒がらずに】

田舎暮らしでは隣近所のつきあいが濃密になりがち。 前触れもなく訪ねてこられたり、何かとおすそわけが行き交いする。 また、しばしば寄り合いなどもあります。 地域全体で家族同様のつきあいをしたがるのが田舎なので、つとめて打ち解けるようにしましょう。

田舎暮らしの心得③【地域の役職は率先して引き受けよう】

田舎には、「自治会」や「町内会」など名称は様々ですが、地域住民で構成される組織があります。 この組織の全体会や役員会などで、地域生活に関する様々なこと、たとえば祭りや盆踊りの運営、町内一斉清掃、ゴミ出しルールなどが議論されて決められ、実行されていきます。 一般に、年一回の総会で役員改選が行われ、向こう一年間の新役員が互選で選出されます。 役員になると日々の生活に煩雑な雑務が増えるため、引き受けたがらない人も多いのですが、一日も早く地域に溶け込み、地域を理解するためにも、打診されたら移住者であっても率先して役職を引き受けるようにしたいものです。

田舎暮らしの心得④【役員や仏事は積極的に】

避けられないのが、順番に回ってくるような役員。集金から回覧板の用意など、一年間責任を持つのは大変なことですが、今年は忙しいから無理ですなんていうのはタブーです。 大変ですが一生懸命やれば好意を持ってくれますし、協力してくれます。近所の人のこともわかり、新たな交流も生まれてきますよ。 突然お葬式ができたりします。受付や参列、よほど田舎にいくと、家でお葬式を行いますから、隣組のような組合同士でお墓の穴掘りの手伝いもあったりします。女性は台所の手伝いと、家族総出で手伝いです。

田舎暮らしの心得⑤【子供のライフスタイルを考えよう】

田舎の綺麗な空気で、のびのび子育てをしたいと思っている人は多いはずです。 しかし、田舎の小中学校は地域に1校か2校。 学校から遠いところに住まいを持った場合は通学に1時間とかかかったりする場合もあります。 特に冬は大雪にくわえ、吹雪や地吹雪の日が少なくありません。 スクールバスに無料で乗れる市町村もあります。 事前に問い合わせをして、子供がどのように通学できるのか、確認しておきましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連リンク

田舎に移住、田舎暮しや田舎の別荘探しは 【田舎暮しサイト比較】

ペンション経営・民宿経営WEB

↑ PAGE TOP