田舎暮らし、スローライフを実現したい人々に役立つ知識情報をご紹介田舎での土地探し
スポンサードリンク

田舎暮らしでの土地探し

田舎には広大な土地があります。都会と比べ土地の価格も安いのですが、利便性や目的に合った土地探しを しなければ後で後悔する事になります。田舎での土地探しは慎重に。

田舎で土地を探す為には

田舎暮らしをするに当たっては、借りるのではなく、好きなように家を建てたいという人も多いはずです。そのためには、まず土地を手に入れなければなりません。 最近では、インターネットでも土地を購入できる便利な時代になりました。インターネットであれば、わざわざ足を運ばなくても、気軽に土地を購入することができます。便利といえばこれほど便利な仕組みもありませんが、田舎暮らしをするための土地は重要なものです。よほどの理由がなければ、インターネットで検索するだけでなく、地元の不動産店にも足を運びたいものです。自分の目でしっかりと現地を見て、納得した上で購入したほうがトラブルがありません。 田舎暮らしをするための土地は、今後の生活の基盤となるものです。決して安い買い物でもありません。念には念を入れて、季節を変えて土地の様子を確認するくらいの慎重さが欲しいですね。夏には最高の土地で田舎暮らしができると思えたのに、冬になってみたら最悪の土地になってしまたっということもあるかもしれません。購入後にこんなはずではなかったと思わないためにも、田舎暮らしをするための土地はじっくりと探しましょう。 田舎暮らしをするための土地は、良い場所にばかりあるとは限りません。山を切り崩した急な斜面になっていて、車で行くことが不便なケースもあります。また、田舎暮らしをするための土地への道があまりにも細いと、家を建てる際の物資が運びにくくなるかもしれません。田舎暮らしをするための土地は、今後の計画にふさわしいかどうかを見極める必要があります。

目的にあった土地探し

田舎暮らしの目的がはっきりしているのであれば、それにあった土地を探す必要があります。「海で釣り三昧」の生活をしたいのに海のない土地を選ぶなんて事はないと思いますが、田舎によってできることできないことがありますので目的にあっているのかしっかり見定めましょう。ここでは、田舎での土地選びのポイントを挙げていきます。

どこに住みたいか選んでみる

日本全国に無数の田舎がありますが、あなたはどの地方に住んでみたいと思っていますか?まだ何も決まっていないような場合ですと、北海道とか北海道など大きなくくりでもかまいませんので、ある程度範囲を絞ってみると少し具体性がでてきます。 できれば、イメージのわく地方を選んだほうがいいでしょう。「行ったことがない」「どんなところかしらない」などの土地はイメージ先行となってしまい、過剰な期待を抱いてしまいがちです。

目的にあった土地へと絞っていく

田舎暮らしをしたい大体の地方が決まったら、自分の目的に合った自然環境の土地へと絞っていきます。「北海道に住みたい」と思っていても、北海道のなかでも様々な土地があります。海もあれば、山もあります。もちろん温泉のあるところもあります。 「北海道っていっても広すぎるからよくわからない」と思われるかもしれませんが、ここで手を抜いてしまわれますと、せっかくの田舎暮らしが台無しになってしまいかねません。現在ではインターネットで調べることもできますので、できるだけ多くの情報を集めましょう。 ここで候補地を1箇所に絞ってしまうのではなく、いくつか候補地を残しておくのが理想的です。

自然環境を調べる

いくつかの候補地に絞ったら、今度はそれぞれの自然環境を調べましょう。同じ地方であっても自然環境は微妙に違ってきます。田舎暮らしは家族にも関係してきますので、家族のことも考える必要があります。 雪が降る地域なのか?台風が多い地域なのか?自然環境はそのまま住環境へと影響してきますので、その土地の自然環境を知ることは非常に重要です。

住環境を調べる

田舎物件には様々な形態があります。別荘地・林間住宅地・町村住宅地・山村・漁村などなど。それぞれが利便性・安全性・自然環境・人間関係で特徴をもっています。ご自分の希望の住環境が、候補地の中にあるでしょうか。もしなかったら、妥協できる範囲なのか?そうでないのか?ここで無理に妥協する必要はありません。いくつか候補地があるはずですので、それぞれで調べてみましょう。 全ての候補地でダメだったら……その場合は、諦めず最初からまた調べなおしましょう。新たな発見があるかもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連リンク

田舎に移住、田舎暮しや田舎の別荘探しは 【田舎暮しサイト比較】

ペンション経営・民宿経営WEB

↑ PAGE TOP