田舎暮らし、スローライフを実現したい人々に役立つ知識情報をご紹介田舎で漁業を始める方
スポンサードリンク

田舎暮らしに役立つグッズと書籍

田舎暮らしを始めるにあたって先駆者が書いている本や、体験談の書籍、田舎暮らしを本格的に始める前の 参考資料ページです。

お米を自給自足

通常一人の人が一年間に食べるお米の量が1石(こく)と言われています。計算上では、 一膳のご飯が5勺(しゃく)として・・・(1合(180cc)で約2膳という意味です)・・・3食で1合5勺。年間365日で1.5×365=547.5≒550合。→5斗5升→1食2膳弱で年間1石という事なになります。今回は一食一膳という設問なので、5斗5升をまかなう面積を計算すると、一反(300坪)の田圃から4斗俵(60kg)が7~10俵取れると言われているので、仮に8俵として逆算すると、51.56坪≒52坪ということになります。

和歌山県 移住支援が目白押し!

定年帰農を志す人は、県の「ふるさと定住センター」 「就農支援センター」で1日から半年間まで、必要に応じた 研修を受けられる。
(問)和歌山県農林水産部新ふるさと推進課 TEL:073-441-2930

岐阜県 飛騨市が田舎暮らしを強力バックアップ

2004年に古川町・神岡町・河合村・宮川村が合併して誕生した 飛騨市がIターンの受け入れに積極的。
(問)飛騨市田舎暮らし斡旋支援公社 TEL:0577-73-6558

新潟県 豪雪体験で本当の暮らしを知る

新潟県が開催している田舎体験ツアーは、厳冬期も開催され、 豪雪地帯の冬を体験できるのが特徴。地域のNPOや農家民宿を手伝いながら、その運営ノウハウを
学ぶことができる。
(問)にいがた田舎暮らし推進協議会 TEL:025-280-5088

福島県 東京に移住専門の相談窓口開設

田舎体験ツアーでは県南部の鮫川村が 「さめがわ・ふるさと体験学校」の生徒を募集している。 9月30日~10月1日には稲刈りなどの農作業体験ができる。
ツアーの問い合わせは鮫川村企画調整課(TEL:0247-49-3115)へ。

大分県 NPOが移住を支援

また移住支援を行うNPOの「大分“YUKI”生活応援団」が 田舎体験ツアーを行っている。 詳しくはYUKI事務局 (TEL:097-556-8070)に問い合わせを。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連リンク

田舎に移住、田舎暮しや田舎の別荘探しは 【田舎暮しサイト比較】

ペンション経営・民宿経営WEB

↑ PAGE TOP